2024.02.23 Friday

死後事務委任契約

死後事務委任契約について

死後事務委任契約とは、自分が亡くなった後の資産の整理や遺産分割などの手続きを、信頼する第三者に依頼するための契約です。この契約を結ぶことで、遺産相続時のトラブルや手続きの遅延を防ぐことができます。

なぜ死後事務委任契約が必要なのか?

  1. 遺族がいない場合、死後の財産の取り扱いを希望通りに進めることは難しい場合が多いです。
  2. 死後事務委任契約を結ぶことで、遺産等の整理を弊所がスムーズに進行します。